基本料金

多床室

介護認定単位数機能訓練栄養ケアマネジメント看護体制夜勤職員配置日常生活継続支援処遇改善加算1日合計
介護1547121412133637701円
介護2614121412133641775円
介護3682121412133645850円
介護4749121412133649924円
介護5814121412133653996円

従来型個室

介護認定単位数機能訓練栄養ケアマネジメント看護体制夜勤職員配置日常生活継続支援処遇改善加算1日合計
介護1547121412133637701円
介護2614121412133641775円
介護3682121412133645850円
介護4749121412133649924円
介護5814121412133653996円
※「処遇改善加算Ⅰ」は、合計単位に0.059を掛けた単位になります。

※一日合計は、地域単価10.45をかけた金額に対する一割の金額です。

他の加算(1割負担分)

加算(1割負担)日額内容
初期加算31円/日入所日から30日以内の期間
30日を超える入院後の再入所した場合も同様です。
外泊時加算(入院時も含む)257円/日月6日を限度とし外泊等の初日と最終日を除きます。
経口移行加算418円/月経管により食事を摂取する利用者が、経口摂取を進めるために、医師の指示に基づく栄養管理を行う場合。(180日を限度)
経口維持加算104円/月経口摂取の方で摂食障害があり、誤嚥が認められる利用者に対し、摂食・嚥下機能に配慮した特別な管理を行う場合。(180日を限度)
療養食加算19円/日医師の指示に基づく療養食を提供した場合。
看取り介護加算(死亡日)1,337円/日看取り介護の体制があり、看取り介護を行い亡くなられた場合。
看取り介護加算(前日、前々日)710円/日看取り介護の体制があり、看取り介護を行い亡くなられた場合。
看取り介護加算(4日以上30日迄)150円/日看取り介護の体制があり、看取り介護を行い亡くなられた場合。
※単位に地域単価10.45を掛けた一割の概算です。

食費・居住費の費用

(1)介護保険負担限度額認定者以外の者

料金の種類金額
食事の提供に要する費用1,380円/日
居住に要する費用(従来型個室)1,500円/日
居住に要する費用(多床室)840円/日

(2)介護保険負担限度額認定者

料金の種類負担段階部屋金額
食事の提供に要する費用第1段階認定者300円/日
第2段階認定者390円/日
第3段階認定者650円/日
居住に要する費用第1段階認定者従来型個室320円/日
多床室0円/日
第2段階認定者従来型個室420円/日
多床室370円/日
第3段階認定者従来型個室820円/日
多床室370円/日

(3)負担限度額適用表(1日あたり)

利用者負担段階対象居住費などの負担限度額従来型個室居住費などの負担限度額多床室食費の負担限度額
第1段階世帯全員が住民税非課税で、老齢福祉年金受給者、または生活保護受給者320円0円300円
第2段階世帯全員が住民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方420円370円390円
第3段階世帯全員が住民税非課税で、利用者負担段階が第2段階以外の方820円370円650円
※介護保険負担限度額認定証の申請は保険者の市町村になります。

介護保険給付外料金

項目金額等
事務管理費
日額330円
理容代1回1,300円
行政手続き代行手続きに要する実費
ホーム喫茶1回300円
クラブ活動生花クラブ 月額1,000円
手芸クラブ 月額400円
料理クラブ 月額200円
書道クラブ 月額100円
俳句クラブ 月額 実費
園芸クラブ 月額300円
その他個人が外部へ依頼したクリーニングの代金は実費を徴収
個人として購入する物品については実費を徴収